山万ユーカリが丘線(千葉県佐倉市)


 2010年5月3日/キヤノンEOSKissX3

 千葉県の山万が開発したユーカリが丘ニュータウン内を循環する新交通システム線である.
 それ程に遠くない場所であるのだがついぞ乗る機会もなく,5月の連休中にこの地で開催されたとある催しを家族で観に行った際に初めて乗車.
 起点であるユーカリが丘の次の地区センターから右回りで中学校前,中学校前で催しを観て再び中学校前から右回りでユーカリが丘まで都合1週乗車した.
 連休中とあって乗客は地元の買い物客が多く,余所者は我々のみ.朝夕などは通勤・通学客で満員になるのであろう.
 路線は開発が進んでいる南の地区では高架線だが,北部では地平や掘り割りの中を進む.ニュータウンだけに沿線は住宅地や団地ばかりと思っていたが北の地区では一部に森林や畑もあり,風景としては本来ミスマッチながら意外に溶け込んでいる気がした.

 写真をクリックすると拡大します.
山万ユーカリが丘線
起点から1つ目の地区センター.
山万ユーカリが丘線
地区センターに進入する列車.
山万ユーカリが丘線
連休中日の昼間の車内.
山万ユーカリが丘線
主力(というか唯一の)車両である1000形.
山万ユーカリが丘線
掘り割りの中を構内に進入する.
山万ユーカリが丘線
中学校.駅名であり,中学校「前」ではない.
山万ユーカリが丘線
当線はいずれも片面ホーム.
山万ユーカリが丘線
生活道路をアンダークロス.
山万ユーカリが丘線
夕刻の地区センターに到着する列車.
山万ユーカリが丘線
起点のユーカリが丘.京成電鉄本線に接続する.

目次へ ホーム


(C)Rottem;1998-2021 Alle Rechte Reserviert. Rottem