下津井電鉄(岡山県倉敷市)


 1987年3月28日/富士フイルムAUTO−8DATE

 1987年春に訪問.瀬戸大橋の開業を翌年に控え,この鉄道も周辺の町も慌ただしく見えるような気がした.訪問前夜に泊まった鷲羽山の中腹にあるユースホステルからは,建設中の橋が,遠目にもかなり大きく見えたものだ.この頃,この鉄道の本来の姿が見られる最後の時期になるなどと,思いもよらなかった.確かに廃止は囁かれていたが,このままの姿で消えて行くものと思っていた.それが,あのような観光用遊具の如き姿になり,無惨な姿で最期を迎えようとは.
 訪問時の下津井は,写真のように「本来の」姿を残していた.しかし,この翌年,大橋の開業によりこの鉄道も観光への道を探り始めた.ご存じのように「メリーベル」なる全く観光用に作られた場違いな車両を登場させ,児島駅を移転し派手な駅舎を新築,下津井の構内でも客寄せに小型蒸気を運転する等,長閑な軽便鉄道の姿はすっかり消えてしまっていた.その涙ぐましい経営努力は認めなければならないが,何とか数年は持ち堪えたものの結局は廃止の道を辿ることになる.
 これらの写真は,そんな「本来の姿」の下津井である.


 写真をクリックすると拡大します.
下津井電鉄
鷲羽山の駅舎として使われているモハ.
下津井電鉄
全景.下の道路からは相当高く登ることになる.
下津井電鉄
下津井行モハの車内.春休みの週末とあって混雑.
下津井電鉄
下津井の発着ホーム.
下津井電鉄
「クレパス号」とあるが,ただの落書き車両.
下津井電鉄
主力のモハ.
下津井電鉄
構内全景.
下津井電鉄
貨車?の下回り展示されている.
下津井電鉄
井笠のホジ.
下津井電鉄
この時点で井笠廃止後21年,状態は良い.
下津井電鉄
 
下津井電鉄
事業用(と言っても既に展示用)の平貨車.
下津井電鉄
構内は何故か砂に覆われていた.
下津井電鉄
 
下津井電鉄
車庫全景.
下津井電鉄
庫内の3両編成.
下津井電鉄
サハ.
下津井電鉄
 
下津井電鉄
車内.
下津井電鉄
検修用のピット.
下津井電鉄
元気動車のクハ5.
下津井電鉄
 
下津井電鉄
クハの車内.
下津井電鉄
 
下津井電鉄
有蓋貨車の半分は開放型.
下津井電鉄
開放部分からクハを見る.
下津井電鉄
有蓋貨車の反対側..
下津井電鉄
庫内.変圧器か?
下津井電鉄
 
下津井電鉄
電車の台車.
下津井電鉄
平貨車.制動装置付き.
下津井電鉄
無蓋車.
下津井電鉄
貴重な螺旋連環連結器.
下津井電鉄
上から見た連結器のディティール.
下津井電鉄
線路終端部.
下津井電鉄
草生したレールと小さな貨車が軽便らしさを漂わせる.
下津井電鉄
構内は一部の線路が撤去され,バスの駐車場に..
下津井電鉄
2編成が顔を合わせる.
下津井電鉄
一方の終点である児島.乗降客は決して少なくないと思われた.
下津井電鉄
当時建設中だった瀬戸大橋坂出ルート..

目次へ ホーム


(C)Rottem;1998-2019 Alle Rechte Reserviert. Rottem