草軽電気鉄道(長野県軽井沢町)


 2010年10月11日/キヤノンEOSKissX3

 1962年の全線廃止から半世紀近く,起点であった旧新軽井沢に程近いJR軽井沢駅の前に,同駅の旧駅舎と共に電気機関車が1両保存されている.
 用途廃止から48年を経て状態は良好で,軽井沢の歴史を物語っている.
 以前は軽井沢と中軽井沢の中間に位置する軽井沢町役場の敷地に長らく保存されていたが,北陸新幹線の開業に伴う軽井沢駅周辺の整備に伴って移された.
 所々朽ちてはいるものの塗装も直され,背の高いパンタグラフに合わせた雪国の家屋の如き縦に長い屋根が付き,旧軽井沢駅舎と数十年振りの再会を果たし安住の地となっている.

 写真をクリックすると拡大します.
草軽電気鉄道
軽井沢駅の空中歩道から見た保存場所.見晴らしは決して良くない.
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 
草軽電気鉄道
 

目次へ ホーム


(C)Rottem;1998-2021 Alle Rechte Reserviert. Rottem