栗原電鉄[2](宮城県栗原市・他)


 2005年8月15日/キヤノンIXYDIGITAL500+シャープV602SH内蔵

 先に紹介した栗原電鉄の晩年の姿である.
 筆者が最初に訪れてから5年後,経営難のため第3セクター化されて社名も「くりはら田園鉄道」などという観光鉄道のようになってしまっていた(実際,観光鉄道として再起を目論んでのことなのだが).
 2度目の訪問は,2005年の夏,知人らとの旅行の途中であった.電気鉄道であった当線は合理化のため動力を内燃化し,電動車は若柳庫に集められて長い休息に入っていた.
 この2年後の春,合理化も万策尽きたこの小私鉄は,姿を消した.

 写真をクリックすると拡大します.
栗原電鉄
車庫のある若柳の駅舎.
栗原電鉄
駅舎をホーム側から見る.
栗原電鉄
左は内燃動力化に伴って名古屋鉄道から購入したレールバス.
栗原電鉄
もう二度と走ることのなくなった電動車.
栗原電鉄
色褪せて朽ちた車体に「イベント・カラオケ号」の手書きのヘッドマークが悲しい..
栗原電鉄
 
栗原電鉄
移動機と連結された元福島交通飯坂線の電動車.
栗原電鉄
庫内で休むEL.
栗原電鉄
倉庫代わりの木造貨車の廃車体は健在.
栗原電鉄
 
栗原電鉄
 
栗原電鉄
 
栗原電鉄
構内全景.
栗原電鉄
主力だった電動車.
栗原電鉄
 
栗原電鉄
超骨董品のワフ.
栗原電鉄
 
栗原電鉄
 
栗原電鉄
車内には何故か自転車が.
栗原電鉄
 
栗原電鉄
良い雰囲気の車庫.
栗原電鉄
ELに取り付けたであろうスノープラウ.
栗原電鉄
 
栗原電鉄
こちらも良い感じの倉庫.
栗原電鉄
 
栗原電鉄
夏草に埋もれた側線.
栗原電鉄
本社社屋か.
栗原電鉄
内燃化以後の主力である気動車.
栗原電鉄
 
栗原電鉄
夏空の下,佇む車両達.

目次へ ホーム


(C)Rottem;1998-2021 Alle Rechte Reserviert. Rottem