鹿島鉄道[5](茨城県鉾田市)


 2012年5月5日/キヤノンEOSKissX3

 2007年廃止の鹿島鉄道旧鉾田を尋ねた.
 以前この地に置かれていた車両は市内の市営施設内(ほっとパーク鉾田)に移され,現在はホームと線路の一部のみが残されている.
 ご覧の通り先の震災によりホームは大きく傾き崩壊している.目の錯覚にも見えるがこの土地自体も不自然に傾いているようで,全景写真も何を水平の基準にすべきかも迷う程の状態である.

 写真をクリックすると拡大します.
鹿島鉄道
鉾田の旧構内を遠望.
鹿島鉄道
地震によって左手側に土地が沈降している.停めてあるバスと水平の差を比べられたい.
鹿島鉄道
右手のホームは大きく崩れている.
鹿島鉄道
背景の電柱等も含め,この一体の地面が尋常でないことが判る.
鹿島鉄道
地面が伸びたのか土留めが広がりその間のコンクリートが落ちて割れている.
鹿島鉄道
石岡方は荒れ地となっていて目に見える変化はない.
鹿島鉄道
機回し線.
鹿島鉄道
下端から真っ二つに折れた装置.地震の揺れで倒れるような大きさではなく,人為的なものか?
鹿島鉄道
震災では震度6強の揺れが観測された地域である.
鹿島鉄道
ここも何れ撤去されるのだろうか.

目次へ ホーム


(C)Rottem;1998-2021 Alle Rechte Reserviert. Rottem