鹿島鉄道[4](茨城県鉾田市)


 2010年9月2日/キヤノンEOSKissX3

 2007年廃止の鹿島鉄道の車両が,かつて鉾田駅のあった鉾田の街の外れにある温泉施設「ほっとパーク鉾田」の敷地内に保存されている.
 この施設は旧線路のすぐ傍,旧坂戸駅の近所に位置する.道路で言えば鉾田市街から石岡に向かって旧線路をオーバークロスする手前の小道を旧線路に沿うように入って行く.
 但し,先の震災により2012年1月現在休業しており,保存されているこれらの車両にも被害がなかったかどうか気掛かりである.

 写真をクリックすると拡大します.
鹿島鉄道
KR−505形気動車.
鹿島鉄道
ヘッドマークを付け,向日葵が華を添える.
鹿島鉄道
キハ601形.隣は手作りのDD900形内燃機関車.元の現物はもうない.
鹿島鉄道
キハ717のミニチュアも.逆エンドは433になっている.どちらも晩年の主力車両だ.
鹿島鉄道
キハのミニチュアの運転席には在りし日の現車が写った写真が添えられていた.
鹿島鉄道
地元自治体による詳細な説明.
鹿島鉄道
これらの車両群は良好な状態で敷地の隅に置かれている.定期的に車内を公開しているようだ.
鹿島鉄道
遠くに街の明かりを見ながら佇む.
鹿島鉄道
宵の口,緑に囲まれ周囲に溶け込んだ車両達.
鹿島鉄道
車両が保存されている「ほっとパーク鉾田」.観光施設と云うより地元民のための福利厚生施設だ.

目次へ ホーム


(C)Rottem;1998-2021 Alle Rechte Reserviert. Rottem