鹿島鉄道(茨城県石岡市・他)


 2002年8月他/キヤノンEOS630QD

 先年廃止になった鹿島鉄道である.報道等,飽きる程されているので多くの説明の必要はないであろう.
 鹿島鉄道は,筆者にとっては以前から身近な存在であった.鹿島鉄道が関東鉄道から独立した頃,石岡に親戚がおり,何度か乗ったことがあった.初めて乗ったのは石岡から東田中で,これは親戚の人が筆者の要望に応えて1区間だけ乗せてくれたものである.
 その後その親戚は土浦へ移り(ここでも筑波鉄道があったのだが),石岡へ行く機会も最近になるまでなく,身近な存在と言いつつ筆者は全線完乗することなく終わってしまった(実は,改めて全線乗ろうと考えていたところへ廃止の報が伝えられ,あっという間に鉄道ファンの巣窟になってしまったため乗る気をなくした).
 その代わり,近年は知人とのドライブや海水浴の際に沿線に何度も足を運んだ.常陸小川や玉造・浜といった各駅には年に1〜2度は立ち寄っていた.一度など,常陸小川に車を停め,1区間だけ乗ったりしたものだ.
 今回は,その晩年の,日常の姿をお目にかける.


 写真をクリックすると拡大します.
鹿島鉄道
浜の待合室.
鹿島鉄道
石岡行が入線.
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
石岡庫全景.
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
庫の奥に押し込まれている古い貨車.
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
「関東鉄道」とある.
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
何の台車だったのであろう.
鹿島鉄道
気動車か客車の台枠を利用した長物車.種車が気になる
鹿島鉄道
上の黒い陰はシャッターの不調によるもの.以下同じ.
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
車庫の終端部.
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
これ以降はまた別の時期に撮影したもの.
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
 
鹿島鉄道
趣のあったこの車庫も,廃止後あっと言う間に更地にされ消えた.

目次へ ホーム


(C)Rottem;1998-2021 Alle Rechte Reserviert. Rottem